別府駅前通りを歩こう

別府駅前通りは別府のメイン通りです。デパートやいろんなお土産屋さん、パチンコ店、銀行、飲食店が立ち並んでいます。正直言って昭和40年代まですごい賑わいを見せていた通りも、その後は衰退していきました。でも、最近の駅前通りは何かが少しずつ変わってきてるようです。駅を降りてくる人たちが増え、明らかに地元の人たちばかりでない観光目的でこの通りを歩いている人たちが多くなりました。「混浴温泉世界」などというアートのイベントもやっていたりして、駅前通りが少しずつ変わりつつあります。

■北浜交差点
別府駅前通りの入り口で国道10号線と交差しています。右手は別府湾でホテルや旅館が建ちならぶ海岸通りです。少し向こうには別府タワーが見えます。この交差点を左手方向が別府駅へ向かう駅前通りです。この国道は南へ大分市、北へ大分県中津市とつながっています。

■別府タワー
別府駅前通りの北浜交差点から見える別府タワーは、昭和57年に建てられ別府の街の象徴みたいになっています。高さ90mあり、展望台へ上ると別府の街が360度見渡せます。展望ラウンジ、カラオケ、レストランなどがあります。

■北浜地下道
歩道を歩くとすぐに地下道の入り口があります。ユニークなデザインです。電飾看板は日本語と韓国語の「地下道」の文字が交互に表示されます。出口は10号線の道路の向こう側です。


このあたりは居酒屋がたくさん見られます。道を一筋はいると飲み屋さん街です。夜の別府は市民や観光客で賑わいます。

■歩道を歩いて
では、別府駅へ向かいます。街路樹が並んでいます。右側の建物は別府コスモピア。トキハデパート別府店と専門店街の複合施設です。

■アンティークな街灯
ヨーロッパにあるようなお洒落な街灯はオランダで作られたものだそうです。。電柱や電線がなく見通しのいい道路ですね。

■御影石舗装の道路
街灯の横の電話ボックスも素敵です。歩道も車道も温かみのあるデザインの石畳です。別府市の友好都市である中国・烟台市産の御影石の舗装になっています。なかなかお洒落な通りですよ。

■音楽が地下から聞こえてくる!
通りを歩いているとどこからともなくBGMが聞こえてきます。よく聴いてみると、どうも舗装された地面から鳴っています。

■パイプホーンという音響システム
このBGM装置はパイプホーンという音響システムで450m以上の長さの通りの両側に道路の側溝を利用し設置されていると聞いて、ビックリ!いろいろと趣向を凝らしているんだ。
別府らしく、温泉も音楽も地下から湧いてくるんだな!

■ピリケンがあった
ピリケンさんの看板が見えました。近づいてみるとゴールドのピリケンさんがいました。足の裏をさすると、やはり願いが叶うのかなあ?

■ソルパエオ銀座
この交差点に「ソルパセオ銀座」の看板があります。アーケードの商店街の入り口です。昔ながらの商店が軒をならべています。


昭和40年代までは地元の人や観光客など大勢の買い物客で賑わいを見せていました。栄枯盛衰、現在はこんな状態です。でも最近は外国人の経営するアジアの料理店や雑貨屋さんができて少しずつ活性化しています。


どんどん別府駅へ歩いていきます。青い空が気持ちよく、行き交う人も晴れ晴れとした面持ちです。

■ホットストリートやよい
ここもアーケード街の入り口。「ホットストリートやよい」昔は弥生町銀天街といっていたような気がします。


道路にたくさん商品を並べていました。


この小道を行くと青い大きな樹木のある公園やお寺があります。

■喫茶店
おいしいと評判の老舗コーヒーショップ。散歩に疲れたらちょっと一休みにいいスポットです。

■映画館
現在では別府でたった1軒になった映画館。昭和50年ごろまではこの駅前通りに3、4件映画館があったような気がします。この映画館はそのころ日活映画全盛で吉永小百合、石原裕次郎などスターの映画を観に市民で満員の盛況ぶりを思い出します。

■旧国道の交差点
スクランブル交差点。ここは昔、国道でした。北九州の小倉まで続いていたそうです。

■駅前高等温泉
大正13年に建築。、異国情緒を感じさせるレトロな温泉建築です。温泉は泉質の異なる硫黄泉の高等泉と、炭酸泉が並湯に分かれており、駅前高等温泉と駅前温泉の入り口があります。


建物前に温泉が流れ出ていました。飲んだり手を洗ったりします。飲むと長寿になると言われています。


お稲荷さんがありました。地元の方がお供え物をしていました。


ホテルの前に別府温泉らしく天然温泉掛け流しの手湯がありました。チョロチョロとお湯が流れています。手をつけてみるとホンワカ温かですよ。


正面が別府駅です。いよいよ別府駅に到着。やはり地下から音楽が聞こえてきます。

■JR別府駅
こちら側は東口、別府駅のホームは高架になっており、その下を歩いて裏側、西口へぬけられます。

■別府温泉(手湯)
駅前にはこんなモニュメントがあります。このモニュメントは別府の伝統工芸品、竹細工の巨大なカゴをイメージしたものです。その中に別府ならではの温泉を湧き出させています。別府に訪れたお客へ自由に温泉を触ってもらえるようにしています。


「土台には原産の別府石を使っており、湯だまりには別府の象徴である掛け流しの温泉が湧いてます」と案内板に書いています。楽しそうにお湯に手をつけて温泉を味わっていますね。

■油屋熊八像
駅の真ん前にこんな面白い銅像があります。女性バスガイドを全国に先駆けて導入し、別府観光の父と呼ばれた油屋熊八(1863-1935年)の銅像です。大分県日出町(ひじまち)在住の彫刻家、辻畑隆子さんの作品。
高さ約3メートルで、台座を合わせると5メートル近くの大きな銅像。両手を高く上げ片足で立つ奇抜なポーズをしています。

■見てると、つい、笑顔になります。
天国から舞い降りてきた熊八が「やあ!」と呼び掛けているイメージだとか。別府の「地獄めぐり」にちなみ、熊八がまとうマントに取りついた小鬼の像が妙に面白い。
熊八は自ら考案したキャッチフレーズ「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」を刻んだ標柱を富士山に立てるなど、斬新なアイデアで別府観光を盛り立てたことで知られています。

以上が別府駅前通りの紹介でした。