竹瓦路地裏散歩体験

湯の町別府の古く良き時代の名残がある路地裏を散策してみませんかという、別府市が企画するイベントです。ボランティアガイドさんが詳しい説明をしながら路地裏を案内してくれます。街中を闇雲にうろうろと歩き回るより、豊富な知識のガイドさんに案内してもらって、別府のよさとか魅力を感じるほうがどれだけ充実した散策になるかわかりません。いくつかの散歩コースが設けられていますが、この竹瓦路地裏コースが別府市の中心街の案内になっています。

開催日の朝10時までに、JR別府駅で参加の受付をしました。予約は必要ありませんでした。参加料は700円でした。

午前10時に出発です。まずは駅前にある油屋熊八の像の説明を聞きました。油屋熊八さんは別府観光に多大な尽力をされた方です。富士山頂に「山は富士、海は瀬戸内、湯は別府」というフレーズを刻んだ標柱を立てたということで知られているそうで、他にもたくさんの別府観光に尽力したエピソードが残っています。

駅前通りから路地に入り、洋風の旅館を案内してくれました。中に入るとレトロなものがたくさんロビーに並べていました。これらを見ているだけでも楽しくなります。

市民が生活する、狭い路地の間をズンズンと進んでいきます。途中に小さなお宮がありました。

ここは成人向け専門の映画館です。ずっと以前には全国各地にこのような映画館がたくさんありましたが、今では残り少なくなって、別府でもここ一件になりました。

街のど真ん中の路地裏。こんな狭い路地で生活している人々がいます。

古い「お茶漬け」の看板が目立ちます。これは、古き良き時代の象徴みたいな看板で、お酒を飲んだ後にこのお茶漬け屋さんでお茶漬け食べて、さて次は…、ディープな世界へ…、という案内がありました。

ディープな場所に行くその前に、こんな狭い路地を入って行く市民温泉を見学します。

今はその面影はありませんが、その昔、別府で一番賑やかだったという「流川」という通りです。

その流川通りの横道に入ると、こんな古いホテルやお店などの建物がありました。

いよいよ、この路地裏散歩のディープな場所にやってきました。今は喫茶店になっていますが、昔は遊郭だったところです。中には昔のままの雰囲気が残っていて、大正、昭和の面影がします。こちらで休憩をとり、お茶を御馳走してもらいました。

大正五年創業のパン屋さん。市民の人たちにこちらのパンの人気はすごいものがあり、店の前に並んで順番を待っている人たちをよく見かけるほどです。

昭和3年イタリー製の赤レンガタイルを貼った当時のモダン建築、レンガホールです。建設当初は別府電報電話局でしたが、戦後、市が譲り受け庁舎として使っていました。現在は別府市児童館になっています。

街の道端に石碑があります。別府にはいろんな文化人が誕生しました。

近くの町の人たちに愛されている市民温泉。安くて上質な天然温泉が日常的に使用されています。別府の人たちにとっては当たり前の場所です。よその人たちからは、何と羨ましいと言う声がありました。

立派な石の看板。

古い市民温泉。お風呂も建物もなかなか威厳がある古さを感じます。

ポツンとこんな石碑がありました。いろんな有名人が別府へ療養に訪れていました。

こちらは古い喫茶店。「夫婦善哉」の作者、織田作之助が通ったといわれる喫茶店です。この日は店休日で中には入れなかったのですが、写真や書類など資料が残っているそうです。

竹瓦小路という路地です。狭い路地に酒場などのお店が並んでいます。見上げると大正10年にできたというガラス張りのアーケードが設置されています。

最終地点、別府温泉の代表、竹瓦温泉に着きました。約2時間半の散歩です。別府観光の思い出作りに最適な過ごし方と感じました。お勧めです。解散後は参加特典のサービス券を使って温泉や砂湯を楽しめます。

以上が竹瓦路地裏散歩体験の紹介でした。