スパビーチ・的ヶ浜公園

北浜のホテル街に近く、和風庭園や噴水・彫刻があり散策に最適です。人工海浜スパビーチは美しく雄大な別府湾を望み、憩いの場として市民や観光客の方々に親しまれています。

駐車場から公園に入ると、小さな噴水が目につき、欅の下に涼しそうな広い影ができています。その向こうに広い海原が見えて、開放感溢れる景色になります。

強い陽射しが身体に当ると、冷たそうな噴水の水が一層涼しげに見えてきます。キャッキャッと楽しげな子供たちの遊び場になっています。

砂浜に下りて涼しい海からの風を浴びます。

浜の南側に、北浜の観光ホテルが建ち並び、別府タワーが見えます。街中のビーチです。

かなり遠く、ズーと向こうまで砂浜が続きます。

小さな子供たちが遊んでいる姿に、思わず微笑んでしまいます。

波打ち際で遊ぶ人たち、海水浴をしている人たちもいます。

砂浜と公園の境目には、長い歩道が設けられています。階段に腰掛けてのんびり海を眺めたり、朝晩、ここに来て散歩をする人たちがたくさんいます。

公園内にはたくさんの樹木が植えられており、木陰がたくさんできます。ひと休みする腰掛け用のベンチも設けられています。

取材中にも、時折、歩道を散歩している人を見かけます。

若者たちが浜辺で遊んでいます。元気よくワイワイと大きな声を張り上げています。ここは海水の水質があまり良くないので海水浴はおススメできません。海水には足をつける程度にね。海水浴するなら「田ノ浦ビーチ」へ

ここから見ると高崎山がすごく大きく見えます。海の上に立ち上がったように見えますね。

空の青、群青色の海、そして白い夏の雲、まあなんと好い景色でしょう。ベンチに腰掛けて、のんびりと眺めています。

この砂浜で、夏のお祭の花火やクリスマスのイベント冬の花火が打ち上げられます。大勢の人がこの階段に座って美しい花火を観賞します。

「かってこの辺りは、白砂青松の渚でした…」と由来碑を読んでみると、的ヶ浜は、鎮西八郎為朝が遠くの羽室台から、ここの松を目がけて的を掛けたのが由来と書かれています。弓矢で射るのは相当な距離がありますよ。昔の武者はすごかったのですね。

公園内のあちらこちらに、たくさんの彫刻やオブジェなどのアートが設置されています。

以上がスパビーチ・的ヶ浜公園の紹介でした。