南立石公園

面積11.5haもある広大な公園です。たくさんの樹木が植えられ芝が敷かれています。別府公園のような演出は少ないのですが、緑の自然を多く取り入れていますので、のんびりと散歩するのには絶好の場所です。 無料駐車場があります。

別府公園に続く別府では2番目に大きな公園です。広い公園内を一周散歩するとちょうどいいくらいの運動になります。園内は自然公園風になっており、キレイに整備されています。

公園で遊んだりしながら植物についての知識を習得できるようになっているのが特徴。また、かなり手入れされていてゴミなどが全く無くいい感じです。

少し傾斜があるものの、公園を一周するだけでちょうどいい運動になります。自然の雑木林が残っている中を600mに渡る人工の小川が流れており、都市に居ながら、まるで高原の散策気分が味わえるのも魅力です。

あまり遊べる広場はないのですが、のんびりと散歩するには向いています。

この公園の名物は、春一番に咲くみごとな枝垂れ梅です。美しい色の花が咲きはじめると大勢の市民が鑑賞に訪れ、うっとりとこの枝垂れ梅に魅了されるひと時を過ごしています。

また、桜の名所でもあります。大勢の人がここに訪れ、満開の桜の下で花見の宴会が始ります。

公園の一角にある、枝垂れ桜も見事です。

秋には紅葉も美しく、訪れる市民を魅了します。

「イナコスの橋」という変わった構造の橋もあります。

ゆっくりと散歩して樹木の下で森林浴を楽しむには最適な公園です。ぜひ、一度足を運んでみてください。

以上が南立石公園の紹介でした。