別府八湯温泉まつり

毎年4月初めに開催される春の一大イベント。温泉の恵みに感謝する温泉地ならではのお祭です。4月1日から第一日曜日まで何日間かたくさんの催しがありますが、祭りのメイン駅前通りのパレードなどを紹介します。

別府駅前にファンファーレが高々に響き渡ると、様々な趣向をこらrした市民による行列が駅前通りを行進します。たくさんの市民や観光客が道路の両脇から手をたたいたり、笑ったり、写真を撮ったりしてこの祭りを楽しみます。

いなせなおにいさんやおねえさんたちの迫力ある神輿の祭典では「ソイヤー!ソイヤー!」という掛け声で通りを練歩きます。数え切れないほどの神輿が登場し、通りは興奮の渦とかします。

温泉の神様を祀る神社の神輿もくり出します。また、よその街の神輿もゲストとして招かれています。

べっぷ湯の町よさこりゃさいさい♪舞台では三味線や尺八、道路では威勢のいい太鼓のお囃子で、市民にとってはもう飽きるほど聞いているお馴染みの曲、別府音頭を賑やかに唄っています。それに合わせて仮装行列が踊りながら行進します。


通りでは、この仮装温泉おどりコンテストにエントリーした各グループの踊り子さんたちが仮装して踊ります。別府音頭など数曲踊り、優勝賞金30万を競い合います。
ですから、参加者は踊りに熱が入り真剣そのものです。その迫力の仮装踊りを観るのも楽しいものですよ。

様々な催し物が企画されますが、この祭りのメインイベント「湯かけまつり」です。趣向を凝らした神輿がワッショイの掛け声で通りを走り抜けようとしますが、この神輿に温泉のお湯をかけて神輿を担ぐ男衆や女衆を鼓舞します。

消防用のホースでお湯を空に向かって放水(湯柱放水)すると、神輿にお湯の雨がザーザーかかります。見物のお客にもこのお湯がかかるので、それを避けるように人並みが逃げ惑います。

女子も元気よく参加しています。ホースから勢いよく出るお湯がかかると「キャー!」と絶叫。見物人の笑いを誘います。

桜も満開になり、春本番の一日、別府駅前通りは温泉まつりのイベントで大賑わいです。

以上が別府のイベント別府温泉まつりの紹介でした。
<関連ページ>
別府駅前通り