千灯明

11月になるとこの催しが楽しみです。
秋本番の夕方6時ごろから、別府公園では、「千灯明」(せんとうみょう)が始まります。別府公園の広い敷地には、たくさんの灯りがともされて幻想的な世界が浮かび上がります。それはそれは見事のひと言!!

公園中央には市民参加で作られた、いくつもの和紙の灯明やオブジェが光り輝きます。別府の名産品竹と和紙をうまく組み合わせて創作しています。スケールの大きさがまた素晴らしい!

黄色が鮮やか、星の形をし作った灯明。暗闇の中の光り輝くお星さま。

所狭しと敷き詰められたたくさんの灯明と光のオブジェ。

横の欝蒼とした竹林のなかはライトアップされ、幻想的な雰囲気に包まれます。竹を巧妙に編んだいろいろな形のオブジェがたくさん要所要所に置かれています。竹林を歩く狭い通路に沿って灯明が並び幻想的な雰囲気をいっそう盛り上げています。

真っ暗な公園内の歩道に沿って点々と灯りが灯されています。別府市民が思いを込めて灯している千灯明(実際に灯りの数を数えてみると万灯明かもしれない)。市内の幼稚園や小学生がこの日のために一生懸命に絵を描き作った愛嬌のある灯明が数えきれないくらい並んでいます。

灯明で「がんばれ」という文字を作っていますね。写真撮影したこのイベント開催時は東日本大震災に向けてのエールでしたが、はからずもこのページを作っているときは、熊本大分大地震があった翌月になりました。熊本の被害に比べれば軽いのですが、別府もかなりの被害がありました。市民が頑張って復興させようと努力しています。そのエールになりますね。

上を見上げると、松の木の枝に、たくさん、ハッとするような色とりどりの和傘を吊り下げ、ライトアップしています。なかなか風流で趣が感じられるオブジェです。

たくさんの観客がオブジェのなかに入って楽しんでいます。秋の光のページェントに今年はぜひとも足を運んでくださいね。スケールの大きさに圧倒されて楽しいひと時を過ごせますよ。

以上が別府のイベント千灯明の紹介でした。