内成の棚田

山の斜面に1000枚以上の棚田があり、内成(うちなり)棚田として「日本の棚田百選」に選ばれた素晴らしい風景を作っています。内成棚田の歴史は古く、鎌倉時代(1185年頃-1333年)の古文書に存在を記載されているそうです。春、夏、秋、冬と季節ごとにその表情を変え、美しい日本の風景を見ることができます。

■梅雨前の棚田
6月始めごろ、棚田を見に来ました。初めて見た内成の棚田は噂にたがわず、「ワー、すごい!」と、思わず感嘆の声がでるほど素晴らしい景観でしたよ!棚田がこんなに美しく素晴らしいとは、本当に驚きでした!

地形に沿って美しい曲線を描いています。この棚田を造ったお百姓さんたちは大変苦労したことでしょう。石垣を積み、水を引いてきて水田にするのは、想像を絶する苦労があったと思います。よくぞこんなに美しくしたものだとただただ驚くばかりです。

田植えが終わって早苗がやっと緑を増していくこの時期、ずーと、遠くまで続く棚田が新緑に輝いています。この棚田を約30戸の農家により、42haの水田が耕作されているがそうです。石城寺からの湧水を水源とした棚田米は良食味米として評価も高いとのこと。

1枚の田の面積が小さな田んぼもあります。面積が一様ではなくいわゆる不揃いな面積なんです。よくぞそんな田んぼでむらなく田植えをしているものだと感動です。

■夏の棚田
8月の棚田は、今にも稲刈りが始まりそうな稲の育ち具合です。1000枚以上もあるという圧巻の棚田。

このなんともいえない温かみのある形をしている田んぼを、いつまでも見ていても飽きません。

下から見上げても美しい風景です。実るほど頭をたれる稲穂かなと稲が順調に育っていました。

この棚田が、江戸時代以前に作られ、400年以上の歴史があると聞いてビックリ!

■秋の棚田
稲刈りが終わった田んぼの風景も、また、風情があり、心に染みるものがありますね。

平成13年にこの素晴らしい景観を持つ棚田を守ろうと、「内成の棚田とむらづくりを考える会」が設立され、地区住民全体で棚田を守るための活動が行われているそうです

ぜひとも行政と地元の方が協力して永くこの棚田を守ってもらいたいと心から願います。

そんな、驚くほど美しく、スケールの大きい内成の棚田をぜひとも見に来てください。

以上が内成棚田の紹介でした。

<<内成の棚田の場所>>